Arduino IDE 1.6.0がリリースされました!

小室です。こんにちは!Arduino IDE 1.6.0がリリースされました。Arduino Blogで公開された情報を簡単に訳してみました。参考になれば幸いです。原文はArduino Blogの「ARDUINO IDE 1.6 IS RELEASED! DOWNLOAD NOW!」をご覧ください。
----------

約2年間の開発期間を経て、最新のArduinoのIDEをリリースしました!「Arduino IDE 1.6.0」です。最新のArduino IDEは、Arduino公式サイトのダウンロードページからダウンロードできます。Arduino IDE 1.6.0には世界中のArduinoユーザやArduinoコミュニティの意見が反映されています。

Arduino IDE 1.5の開発を始めた時から、世界中のユーザ、コミュニティーから様々なフィードバックや提案が寄せられ、多くの方に様々な貢献をしていただきました。ありがとうございました!

変更、改善点は以下のとおりです。

  • 複数のプラットフォームをサポートしました。
  • シリアルポートに接続したボードを「ポートリスト」から一覧できるようになりました。
  • WindowsとMac OSXのドライバが署名入りになりました。
  • ビルド時間が短縮されました。
  • コンパイル/アップロードの際に自動で保存されるようになりました。
  • シリアルモニタを多数改善しました。(modern JSSC serial libraryを使って高速化しました)
  • 複数タブに渡る検索、置換ができるようになりました。
  • たくさんのArduino APIライブラリが改良されました。(String, Serial, Printなど)
  • 開発ツールが更新されました。(avr-gcc, arm-gcc, avrdude, bossac)
  • コマンドラインインターフェースがつきました。
  • スケッチのサイズと使用するSRAMの容量のレポートをIDEが出力するようになりました。
  • IDEのエディタに行番号がつきました。
  • たくさんメニュー項目がある場合、スクロールできるようになりました。
  • Arduino Yúnでネットワークからアップロードできるようになりました。
  • ハードウェアシリアルが改善されました。
  • USBが安定してパフォーマンスも改善されました。
  • SPIライブラリで「トランザクション」をサポートしたため、複数SPIデバイスをつないでも安定するようになりました。
  • サードパーティー製のコンフィギュレーションファイル(platform.txt and boards.txt)のサポートが改善されました。
  • マイコンボードの選択メニューにサブメニューが作れるようになりました。
  • Arduino Leonardo, Micro, Yúnでのアップロード時の問題を修正しました。
  • Arduino IDE付属のライブラリが改善、バグ修正されました。(Bridge, TFT, Ethernet, Robot_Control, SoftwareSerial, GSM)
  • ユーザーインターフェイス関連のたくさんの細かいバグを修正しました。

もちろん、まだまだ改善の余地はあります。何か問題点を見つけたら、ぜひGithubArduinoフォーラムで報告してください。あなたのご意見をお待ちしております。技術の専門家である必要はありません。すべてのご意見に価値があります。

すでにArduino IDE 1.6.1のリリースに向けて開発を行っています。1.6.1にも素敵な機能が満載の予定です!こちらもお楽しみに!

最新のArduino IDEは、新しくデザインされたArduino公式サイトのダウンロードページからダウンロードできます。

Pocket