Embedded Technology / IoT Technology 2015で見かけたスイッチサイエンス製品

明日11月20日(金)まで、パシフィコ横浜で開催されているEmbedded Technology / IoT Technology 2015で見かけたスイッチサイエンスの製品を紹介します。

まずはおなじみARMさんのブースでmbed対応ボードのmbed LPC1114FN28mbed LPC824mbed HRM1017を見ることができます。Seeed StudioやRedBearLabのボードも入ってました。
mbed1
mbed3

写真手ぶれしててすみません

写真手ぶれ多くてすみません

そしてCypressさんのブースでは温度湿度気圧がまとめて測れるセンサーICを使ったBME280搭載 温湿度・気圧センサモジュールがCortex M0+マイコンFM0+のボードにつながっていました。
bme280

東芝さんのブースでも、当社の製品を使ってくださっていました。I2C接続の小型LCD搭載ボードAirio RPを通じて、FlashAirでコントロールされています。
IMG_6974

その隣では、ブレッドボード用5V/3.3V電源ボードを使って下さっていました。
IMG_6972

さらに今回はRapiroを3ヶ所で見ることができます。
一つは日立超LSIシステムズさんブースで、音声認識/合成が出来るRuby Boardを搭載したRapiroがいて、声で命令すると声で返事をしてくれます。
rapiro4

もう一つはブライセンさんのブースで、組み込み開発の事例としてRapiroを展示していました。担当の方がいらっしゃらなかったのでお話伺えず残念でした。
rapiro3

最後に紹介するのがエコムさんのブースのRapiroです。なんと塗装するだけでなくスピーカーの音が抜けやすくするために口の部分に穴を開けてしまったということでした。BLEが搭載されたPSoC4ボードを搭載して、スマートフォンから動かせるようになっていました。
rapiro1
rapiro2

展示ではありませんでしたが、会場には、Cypress社員の方が作った、かわいくデコレーションされたRapiroも居ました。
IMG_6964

展示会で使ってもらえて当社としても嬉しい限りです。これから行かれる方はぜひ探してみてくださいね。

Pocket