KinomaJS Blocksを動かしてみました

KinomaJS blocksはKinomaのハードウェア用のプログラミング言語です。Googleが開発しているBlocklyがベースになっており、ブラウザ上でプログラムを書くことができます。

今日はKinoma Create上で、KinomaJS Blocksでつくったアプリケーションを動かしてみたいと思います。

Kinoma Createの準備
KinomaJS blocksからKinoma Createへのプログラムの書き込むために、ホーム画面からSettings→Debuggingに移動し、Require Passwordについているチェックを外し、下の画像のような状態にします。
RequirePassword

プログラムの準備
今回は、8つあるKinomaJS blocksのサンプルプログラムのうち、Screen Random Color Buttonを動かしてみます。リンクをクリックすると、下のようなプログラム画面が開きます。
KinomaJS_blocks

右上のテキストボックスにKinoma CreateのIPアドレスを入力して、その右側のRunボタンをクリックするとKinoma Createにプログラムが送信され、起動します。Screen Random Color Buttonはこんな感じに遊べました。

KinomaJSBlocks from SWITCH-SCIENCE on Vimeo.

KinomaJS BlocksはGPIOピンの設定もできるので、LEDを光らせたり、センサを制御することもできそうです。記事の最後にKinomaJS Blocksのリンク集を用意したので、使う時の参考にしてください。

KinomaJS Blocksの使い方

    • プログラムを保存する

KinomaJS Blocksのプログラムを保存するためには、画面上部のURL取得ボタンからURLを取得します。URLにはその時の状態が保存されるので、作業を更新するたびにURLを取得し、ブラウザのブックマーク機能などで保存しておく必要があります。

    • プログラムをJavaScriptに変換する

KinomaJS Blocksの画面の上部の「View JavaScript Source」をクリックすると、JavaScriptのコードが表示されます。この機能を使えば、大枠をKinomaJS Blocksで開発して、細かい部分をKinoma Studioで開発するなんてこともできちゃいます。

Pocket