ESP-WROOM-02搭載基板「ESPr(エスパー)シリーズ」

esp-dev_500
こんにちは、安井です。たくさんの方にご購入・ご支持いただいている「ESP-WROOM-02開発ボード」ですが、社内で大きな問題が発生しておりました。

「◯◯さん。イーエスピーダブルルームゼロツーカイハツボードについてお問い合わせです。」「△△さん!イーエスピーダブルルームゼロツーカイハツボードの次回入荷いつですか?」「..イーエスピーダブルルームゼロツーカイハ...」

製品名長くて呼ぶのがツライ...

ということで改名します! 「ESP-WROOM-02開発ボード」はその名を改め「ESPr Developer(エスパーデベロッパー)」とします。

ESP-ESPr-01

  • sku: 2500 ESP-WROOM-02開発ボード → ESPr Developer
  • sku: 2652 ESP-WROOM-02開発ボード(ピンソケット実装済) → ESPr Developer(ピンソケット実装済)

sku: 2620 ESP-WROOM-02 Arduino互換ボード → ESPr Developer (Arduino互換)
改名にはもうひとつ理由があります。なんとESPrはシリーズ展開します。発売を予定してるのは下記の2製品です。

irdoor

ESPr IR
ESP-WROOM-02に赤外線送受信機能を追加した基板です。Wi-Fiを使ってエアコンなどをコントロールできるようになります。赤外線リモコン受信モジュールも搭載し、使いたい機器のリモコンコードを学習させることも可能です。

ESPr Door Sensor
ESP-WROOM-02に磁気センサ(リードスイッチ)を追加した基板です。ドアに設置することでWi-Fiを通してドアの開閉を検知することができるようになります。「トイレの空室状況を知る」といったアプリケーションを開発できます。写真は実際社内で試験してる画像です。磁石は付属しません。

いわゆる完成品ではありません。使用するにあたってプログラムの書き込みが必要です。ESPr IRとESPr Door SensorにはUSBシリアル変換機能がありません。PCからプログラムを書き込む際にはUSBシリアル変換アダプタ(別売)が必要です。

どちらも発売日は決まっていませんが、そんなに何ヶ月もおまたせすることはありません。発売についての最新情報はTwitterFacebookで発信します。

Pocket

About ysck

販売・マーケティング活動も担当しています。ラピッドプロトタイピングを勉強するためにGainerで電子工作をはじめて、Arduinoをさわっているうちにスイッチサイエンスに入社していました。