+StyleにてElectric Imp社IoT開発キット先行販売開始!

+Styleにて Electric Imp開発キットを先行販売開始しました!

先行販売する商品は2種類です。

  • impExplorer Developer Kit
    ハンダ付けしたくない人向け。温度・湿度、気圧、3軸加速度センサ、Grove接続端子あり。基板背面に電池ボックスがあり、単3電池3本で稼動します。
  • imp004m Breakout Board
    外部に電子回路を組みたい方、既存のハードとの連携を考えている方向け。いわゆるピッチ変換基板。

いずれも"いわゆる技適"の認証取得済みの、村田製作所製2.4GHz無線LANモジュール「imp004m」を搭載します。

Electric Impが何なのか?この開発キットはでなにができる?といった内容について説明すると長くなるので、+Styleのページを参照ください。

ざっくり言うと、IoTをカンタンにスタートできるのが特徴です。

  1. Electric Impのアカウント作る
  2. スマートフォンにアプリをいれてアカウントログインする
  3. Electric Imp開発キットをBlink Upしてクラウドに接続する
  4. ImpCloudで開発をスタート

といった手順ではじめられます。

Blink UPというのはハードをクラウドに紐付ける作業です。スマホをビカビカ光らせることでハードにアカウント情報や無線LAN設定を書き込みします。

出荷開始までに"Getting Started with the Electric Imp Platform"の導入部分について日本語訳して公開します。

先行販売は数量限定ですので、お早めにお申込みください。よろしくお願いします。

Pocket

About ysck

販売・マーケティング活動も担当しています。ラピッドプロトタイピングを勉強するためにGainerで電子工作をはじめて、Arduinoをさわっているうちにスイッチサイエンスに入社していました。