Friday Product Post: All My Circuits

こんにちは、牧井です。今週もSparkFunブログ記事「Friday Product Post(旧New Product Friday)」の日本語版をお届けします。

Friday Product Postは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日のお昼12時に日本語に訳して公開しています。


Friday Product Post: All My Circuits

今週はロボット関連の新製品ををたくさん紹介します。本記事を31世紀の最優秀俳優に捧げたいとおもいます。

BY XTOPHER

みなさんこんにちは、新製品紹介の時間がやってきました。今週はArduinoと組み合わせて使う新しいモーターコントローラシールドや、ロボット製作に使える小サイズのシャーシ製品2種、MyoWare Muscle Sensor Development Kitの改良版など、盛りだくさんの内容です。

ロボットや自律駆動車などをコントロールしてみましょう!


SparkFun Wireless Motor Driver Shield


SparkFun Wireless Motor Driver Shield
DEV-14285
$24.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

SparkFun Wireless Motor Driver Shieldは、Arduinoに取り付けて使うシールドで、本品を使ってモーター、センサその他の部品を、Arduinoベースのプロジェクトに簡単に素早く組み込むことができます。Wireless Motor Driver Shieldの心臓部にはToshiba製TB6612FNG Hブリッジモータードライバを採用しており、二つのDCモーターを同時にコントロール(正転・逆転、ブレーキなど)することができます。TB6612FNG Hブリッジモータードライバは1チャンネルあたり13 Vで1.2 Aまで流せますので、さまざまなモーターを駆動させることができます。また、PWRやGNDを備えた一般的なサーボ形式のGPIOピンを搭載していますので、3ピンのサーボケーブルを簡単に取り付けることができます。

正しく組み立てられるでしょうか?!


Circular Robotics Chassis Kit (Two-Layer)


Circular Robotics Chassis Kit (Two-Layer)
ROB-14332
$14.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

二層構造のCircular Robotics Chassis Kitは、初心者から経験豊富なロボット愛好家の方まで、広くおすすめできる頑丈なつくりのミニチュアロボットキット製品です。シャーシプレートは1.5 mm厚のアルミニウム合金製で、プレート上にセンサ類やサーボ、コントローラ、電源などをマウントするためのマウントポイントが多数あります。同梱のネジを使うことで、とても簡単に信頼性の高い二輪駆動のロボットシャーシができあがります。

The Circular Robotics Chassis Kitには、モーター、モーターコントローラ、電源は含まれておりません。別途お買い求めいただく必要があります。


Circular Robotics Chassis Kit (Three-Layer)


Circular Robotics Chassis Kit (Three-Layer)
ROB-14339
$19.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

より大きなスペースが必要な場合は、Circular Robotics Chassis Kit三層バージョンがおすすめです。本キット製品には上記の二層バージョンとほぼ同じ構成で、もう一枚プレート(接続部品)が追加されています。

上記と同様キットにモーター、モーターコントローラ、電源は含まれておりませんので、別途お買い求めいただく必要があります。

筋肉を動かしてみましょう!


MyoWare Muscle Sensor Development Kit


MyoWare Muscle Sensor Development Kit
KIT-14409
$$79.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

筋肉をつかって何かをコントロールするということは、誰でも普段からよくやっていることで、とても慣れていることと思います。たとえばボタンを押したり、レバーをひいたり、ジョイスティックを動かすといったことです。もしもこれらのボタンやレバーやジョイスティックといった要素を取り除いてもコントロールができるとしたらどうでしょうか?MyoWare Muscle Sensor Development Kitは、Arduinoにつないで使える筋電(EMG)センサキットです。キットはMyoWare Muscle Sensorの他、SparkFunが開発したMyoWareシールド、その他の接続用部品により構成されています。

今週は以上です。今回紹介したロボット関連パーツやキットを使って、AVC前にやることがたくさんあると思います。なにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。それでは来週もお楽しみに!


原文:Friday Product Post: All My Circuits
※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。

Pocket

About まきい

はんだづけカフェ店員&通販スタッフ→通販窓口&サポート→マーケティング担当などを経て、今は仕入を担当してます。