Friday Product Post: Qwiic-er Than the EYE

こんにちは、牧井です。今週もSparkFunブログ記事「Friday Product Post(旧New Product Friday)」の日本語版をお届けします。

Friday Product Postは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日のお昼12時に日本語に訳して公開しています。


Friday Product Post: Qwiic-er Than the EYE

3種のQwiicセンサボードの新製品および抵抗内蔵型のLEDパック4種の登場です。

BY XTOPHER

みなさんこんにちは!新製品紹介の時間がやってきました。今週はSparkXプロトタイプから巣立ち、一人前の製品となったQwiicボードから、BNO080搭載IMUボード、Grid-EYE IRアレイセンサボード、MLX90393搭載3軸磁気センサボードの3種を紹介します。またこの他に、抵抗内蔵の5 mm LED(4色)も紹介します。

5月4日にちなんでMay the Forth be With Youと題してThank the Maker Tees(限定Tシャツ)の大セールも開催中です。在庫限りの販売となっておりますのでお早めにお求めください。

ではさっそく順に新製品を紹介します。

SparkFun VR IMU Breakoutでバーチャルがリアルになります!


SparkFun VR IMU Breakout - BNO080 (Qwiic)


SparkFun VR IMU Breakout - BNO080 (Qwiic)
SEN-14686
$34.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

バーチャルリアリティが流行している昨今ですが、何万円ものお金をかけてVR機材を揃えなくてもSparkFun VR IMU Breakoutで事足りるかもしれません。本品は3軸加速度/ジャイロ/磁気センサのSiPであるBosch社のBNO080を核とし、32 bit ARM Cortex-M0+と一緒にパッケージ化した製品です。BNO080 慣性測定ユニット(IMU)は回転ベクトルを正確に測定することができ、VR用途などの誤差2度以下の静的回転を伴う応用分野に最適な製品です。全てのセンサからのデータを合わせて誤差修正を行い、正確な回転ベクトル情報を得られるVR IMUはまさに待ち望まれていたものです。方位や運動方向の測定を必要とするプロジェクトに必須といえます。本製品は二つのI2C Qwiicコネクタを搭載しており、QFNパッケージのインターフェースを簡単に利用することができます。これはSparkFun Qwiicシステムの一部ですので、はんだづけの必要はありません。一方、ブレッドボードと一緒に使いたい方向けに2.54 mmピッチの端子も用意されています。


Qwiic VR IMU (BNO080) Hookup Guide


Qwiic VR IMU (BNO080) Hookup Guide
APRIL 30, 2018

9DOF BNO080 IMUをつかってモノがどちらの方向を向いているか計測してみましょう。頑張れば独自のバーチャルリアリティアプリケーションも作れるかもしれませんね。

EYE spy with my little Grid-EYE(子ども向けのジェスチャーゲームI spy with my little eyeから)


SparkFun Grid-EYE Infrared Array Breakout - AMG8833 (Qwiic)


SparkFun Grid-EYE Infrared Array Breakout - AMG8833 (Qwiic)
SEN-14607
$39.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

SparkFun Grid-EYE Infrared Array Breakoutをつかうと映画のプレデターの視点のようにモノを表示してくれます。本品は8 x 8の熱電堆アレーで、64個の正方形ピクセルが配置されており、それぞれが独立して温度を検出することができます。いわば低解像度のサーマルカメラのような感じです。

ボード上に搭載するAMG8833 Grid-EYEセンサは、0°Cから80°Cまでの温度範囲で誤差+-2.5°Cで検出可能です。また7 m以内の範囲で人の体が発する熱も検出できます(フレームレートは10 fps)。


Qwiic GRID-Eye Infrared Array (AMG88xx) Hookup Guide


Qwiic GRID-Eye Infrared Array (AMG88xx) Hookup Guide
MAY 3, 2018

Panasonic製GRID-Eye(AMG88xx)8 x 8熱電堆アレイは、低解像度の赤外線カメラとして機能します。64個の正方形ピクセルがそれぞれ独立して温度を検出でき、映画プレデターでのプレデターの視点の低解像度版を表示するような感じです。

なんだかこのボードにひきつけられているような……


SparkFun Triple Axis Magnetometer Breakout - MLX90393 (Qwiic)


SparkFun Triple Axis Magnetometer Breakout - MLX90393 (Qwiic)
SEN-14571
$14.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

優れた磁気センサを扱ってみませんか?SparkFun Triple Axis Magnetometer Breakoutはとても簡単につかえるよう磁気センサをQwiicブレークアウトボード上に搭載しています。本製品を用いて近くに置かれた磁石などの大きな地場や、地磁気のような微かな磁気も検出できます。本品はコンパスセンサとして使うほかに、非接触コントローラ、羽根車による流量計、線形アクチュエーター位置センサなどの用途があります。


Qwiic Magnetometer (MLX90393) Hookup Guide


Qwiic Magnetometer (MLX90393) Hookup Guide
MAY 3, 2018

はんだづけが一切不要で、磁力線の方向を測る方法を学べます。


LED - Red with Resistor 5mm (25 pack)


LED - Red with Resistor 5mm (25 pack)
COM-14560
$7.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。


Keypad - 12 Button


LED - Yellow with Resistor 5mm (25 pack)
COM-14561
$7.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。


LED - Blue with Resistor 5mm (25 pack)


LED - Blue with Resistor 5mm (25 pack)
COM-14562
$7.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。


LED - Green with Resistor 5mm (25 pack)


LED - Green with Resistor 5mm (25 pack)
COM-14563
$7.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

今週最後に紹介するのは4種類のLEDパック製品です。本品は抵抗を内蔵したLEDですので、別途抵抗器を取り付ける煩わしさがありません。と異なる色のパッケージにはそれぞれ25個の5 mm LEDが入っており、すべて抵抗を内蔵していますので、誤ってLEDを焼き切ってしまう心配がありません。次に製作する作品でぜひ活用してみてください。


今週は以上です。なにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。

記事をご覧いただきありがとうございました。来週もお楽しみに!


原文:Friday Product Post: Qwiic-er Than the EYE
※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。

Pocket

About まきい

はんだづけカフェ店員&通販スタッフ→通販窓口&サポート→マーケティング担当などを経て、今は仕入を担当してます。