Embedded Worldを見てきました。

2月25日〜27日の間、ドイツのニュルンベルクで開催されているEmbedded World 2014を見に来ました。Embedded Worldは、欧州で最大規模の組み込み技術の展示会と言われています。

今日、2月25日、NXPのLPC1549というマイクロコントローラーが発表されました。ここのところ忙しかったのですが、実はこのマイコンにmbed SDKを移植(ポーティング)するということをアーム株式会社の方と一緒にしていました。LPC1549にmbedが対応したことが同日発表され、mbedのオンラインコンパイラで使えるようになったのです。この晴れの舞台に立ち会うことができて幸せです。

早速ARMのmbedブースに向かってみると、早速mbedがLPC1549に対応しているという展示があります!自分たちが携わってきたプロジェクトの成果をドイツで見るというのはとても嬉しいことで感動しました。
mbed LPC1549

NXPのブースでも、LPC1549が展示されていますが、こちらは残念ながらmbedではありませんでした……
NXP LPC1500

先日、STマイクロさんから発表されたばかりの、mbedで開発できるNUCLEOも出展・展示されています。
NUCLEOは弊社でも取り扱いをさせていただいており、そのうち一部のボードはすぐに売り切れてしまいました。今回、STさんは、バウチャーを持ってブースに来るとボードが貰えるというキャンペーンをしており、受け取りに来た人が長い列を作っていました。やはりSTM32は人気のようですね。
NUCLEO

私たちが取り扱わせていただいているbareconductiveさんも、Atmel(Arduinoのマイコンの会社です)のブースで出展していました。
bareconductive

いつものMaker Faireではなく、組み込み業界向けのイベントですのでArduinoを見つけるのは難しかったです。Arduinoは無いかなと見て回っていたのですが、とあるブースの一角で出展しているのを見かけました。
Arduino Robot

これまでも、Arduinoの多言語対応などに貢献してきたスイッチサイエンスですが、これからもmbedのポーティングなど幅広くオープンソース文化に貢献していきたいと思います。

Pocket

About ytsuboi

「おともだち」として、スイッチサイエンスの様々な活動の手伝いをしていたのですが、いつのまにか取締役をしています。