6月のワークショップのご案内

6月もセニオ・ネットワークス様主催のワークショップの開催日が決まりました!第一弾のスケジュールは以下の通りです。多数のご参加をお待ちしております。

ワークショップ申込締切が設定されました。参加をご検討されている方はお申込み忘れのないよう、お願いいたします。
締切:2014年6月11日(水)23:59

ワークショップスケジュール

  • XBee & Processing ワークショップ [20140614-15 XBEE]

    内容:
    ZigBee モードの複数のXBeeを活用するためのネットワークのワークショップです。複数のXBeeを使ったリモートセンシングやスマートスイッチなどのアプリケーションをPCで動くProcessing上でControlP5 GUIライブラリとXBeeライブラリを使って作成します。ワークショップはXBeeの要素技術をひとつずつ、実用的なアプリケーションを開発する際に便利なツールなども作りながら進めます。この中にはProcessingとControlP5の入門的なコンテンツも含まれています。

    使用するデバイス:
    XBee Series 2(2台)、XBee USBアダプタ、XBeeピッチ変換基板、タクトスイッチ、LED、温度センサー
    ※Arduinoなどのマイコンは使用いたしません。

    持参していただくもの:
    ブレッドボード(大きめ EIC 630 推奨)とジャンプワイヤー(固いもの、柔らかいもの)
    MacOS X (10.6 以降)または Windows(推奨 7, Vista, XP)が動くPC(USBポート、Wifi)※他の機種については事前にご相談ください
    Processing 2.2.1(Windowsの場合は32bit版)を事前にインストールしていること

    参加前提:
    Arduino/Processing/C/Java等のプログラミング経験があること

    アウトライン:
    XBeeのファームウェア設定
    ライブラリのインストール
    XBeeをPCに接続
    ATコマンドを実行する
    IOコマンドを実行する
    周期的サンプリングを行う
    ネットワークのノード情報を集める
    コミッショニングボタンを活用する
    アプリケーションを作る

    作成するツールの例:
    PAN ID 設定ツール
    AT コマンドツール
    リモートピン入力ツール
    サンプリング受信ツール

    キーワード:
    XBee、Processing GUI、LED、タクトスイッチ、温度センサー、ボリューム

    日時:(2日間コース 両日参加していただける方)
    2014年6月14日(土) 10時〜18時
    2014年6月15日(日) 10時〜18時

    会場:
    スイッチサイエンス 会議室
    ※都営大江戸線「牛込神楽坂」駅から徒歩約3分

    受講料:テキスト、教材(XBee x 2個など)含む
    39,800円(税込)

    定員:
    10名(最少催行人数 4名)
  • ワークショップ参加対象
    XBeeを持っているが使い方がわからない方(教材にXBeeは含まれますが持参していただいても構いません(シリーズ2のみ))
    XBeeの基礎を学び、次のステップへ進みたい方
    業務でXBeeを使っている、または使う予定の方
  • ワークショップ申込み方法
    下記の内容を ws-senio@switch-science.com 宛てに件名にワークショップ名([20140614-15 XBEE])としていただきお送りください。

    • お名前(ふりがな):
    • 住所:
    • 電話番号(当日つながる携帯番号):
    • ノートPCのOSとバージョン(例:Windows 7):
  • 先着順で参加案内をいたします。
    ※お申し込みいただいた方には、参加の可否に関わらずご連絡いたします。

    お問い合わせはこちらまで ws-senio@switch-science.com

Pocket

About まきい

はんだづけカフェ店員&通販スタッフ→通販窓口&サポート→マーケティング担当などを経て、今は仕入を担当してます。