mbedワークショップに行ってきた。

先週土曜日に開催された初心者向けのmbedワークショップに参加してきました。

mbed_ws_

今回のワークショップはワークショップ専用基板を含むキットを使って行われました。
mbedws0524_kit

キットの内容は
Jksoft Blue mbed Board
・モーター
・micro SDカード
・スピーカー
・電池BOX
です。

これらを使って、下記のカリキュラムを体験しました。

  • mbedとは
  • mbedハンズオン
  • (mbed上のLEDを使って)Lチカ
  • (専用基板に付いているフルカラーLEDを使って)もっとLチカ
  • (sin波を作って)音を鳴らす
  • (waveファイルを読みだして)音楽を鳴らす
  • モーターを動かす

このカリキュラムで使ったプログラムや資料はこちらにあります。

今回のワークショップでほとんどコーディングをせず「上記のページからプログラムをダウンロード→動かす→プログラムの説明」というサイクルでワークショップを行っていました。このおかげで参加者のプログラミングスキルに関わらず、みんながmbedを体験する事が出来ていました。

今回のワークショップは手軽に「光らせ、鳴らし、動かす」事が出来たのが楽しかったのはもちろん、コーディング作業を省く事によってプログラム未経者の方も気軽に楽しめていたのが素晴らしかったです。Lチカでは、mbed上のLEDを光らせてから、シリアル通信でフルカラーLEDを光らすと言ったように、同じ「LEDを光らせる」という目的を実現するのに、2通りの方法を提示されたのは勉強になりました。最初から複数の実現方法を教えてもらえると、今後他の場面でLEDを光らせようとしたときに選ぶ余地が出来るのがいいですね。

最後にこの記事でこのワークショップに興味を持った方にお知らせです。
日程はまだ未定ですが、今回と同じ内容のワークショップが再度開催されます。詳細はmbed祭りで告知されますので、気になる方は定期的にチェックしてみてください!

[2014/6/3 追記]
次回のワークショップは7月12日(土)に開催されるそうです。
興味のある方はコチラからご参加下さい。なお、このイベントはスイッチサイエンスとは関係ありません。

Pocket