超音波距離センサモジュールHC-SR04の不具合について

超音波距離センサモジュールHC-SR04に不具合があることが判明しました。

当社では、今年(2015年)の3月から新ロットのHC-SR04が入荷しています。それ以前に販売していたものに関しては問題ありませんが、新ロットのHC-SR04には問題があることが分かっています。

HC-SR04_1HC-SR04_4
写真の左側が過去に販売してたもの、右側が現行品です。表面の製品名の文字の位置や裏面の部品の位置、基板の固定穴の数など見た目にも違いがあります。

当社で検証してみたところ距離センサモジュールと測定対象物の距離が近すぎるか遠すぎるとEcho端子がHighに固定されてしまうようです。10cm~1mくらいのところに常に障害物があれば、問題は起きませんでした。
HC-SR04_3
一度Echo端子がHighに固定されてしまうと電源を切ってリセットする必要があるため、継続して距離測定が行えません。Arduino用サンプルスケッチではpulseIn関数がタイムアウトしてしまうので距離は0となります。
応急処置としてはFET等で電源をリセットするなどの対処法が考えられます。

現在不具合の無い交換品について確認をしている最中です。交換品が入手できましたら、当社から購入いただいたお客様には交換の案内を致します。
ご迷惑おかけして申し訳ございません。該当者の方にはメールにて連絡いたしますので、今しばらくお待ちください。

Pocket