Maker Faire Bay Area 2016でArduino Createを見てきました。

こんにちは、小室です。GenuinoのArduino LLCから新しいプラットフォーム「Arduino Create」が紹介されました。

現在はベータテストを実施中です。Arduino Createについて、詳しくは公式のブログ(英語)をご覧ください。簡単に言うと、Arduino CreateはSNS機能付きのオンラインコンパイラです。ちょうど、日本でも人気のmbedのような感じ。ブラウザからArduinoへのスケッチの転送にはプラグインを使います。プラグインのソースコードはGithubで公開されています。 

スイッチサイエンスのMaker Faire Bay Area特派員が、現地でArduino Createの中の人にインタビューしました。動画(英語)をご覧ください。

上の動画にもある通り、Maker Faire Bay Area 2016では、Arduino Create上で、明るさセンサーや温度湿度センサーなどを使ったインタラクティブなプロジェクトを動かして展示していました。このプロジェクトは、現在ベータテスト中のArduino Create上でも公開されています。

IMG_6090

Arduino Createの画面をキャプチャしました。

スクリーンショット 2016-05-22 8.43.47

なんだかデザインが可愛いです。Arduinoな良い緑。

スクリーンショット 2016-05-22 8.44.05

サンプルプログラムも、切り替えてすぐに見られるようです。

スクリーンショット 2016-05-22 8.44.28

個人的にはこれ素敵ポイント。ライブラリーをここで探せるのねー!ってこれ、mbedな方々にとっては常識ですかね…

スクリーンショット 2016-05-22 8.45.06

ヘルプ画面

スクリーンショット 2016-05-22 8.45.13

各種設定できます。

Pocket