Arduino IDE 1.6.12、1.7.11がリリースされました。

Arduino LLC(http://www.arduino.cc/)からArduino IDE 1.6.12が、Arduino SRL(http://www.arduino.org/)からArduino IDE 1.7.11がリリースされました。

以下はリリースノートの参考訳です。なお、原文中の謝辞は省略しました。

ダウンロードはそれぞれ1.6.12 ダウンロードページ1.7.11 ダウンロードページからどうぞ。

ARDUINO 1.6.12 - 2016.09.21

[ide]

  • エディタのコードをリファクタリングして、ずっと残っていたいくつかのバグが解決したり、全体的にさっぱりしました。
  • Cloud APIの統合が始まりました。追加のコアのインストールが必要な新しいボードをつないだ時に、ユーザーにインストールをうながします。
  • 「スケッチの例」メニューの分類が改善されました。
  • arduino-builderをGo 1.7.1で再コンパイルされ、macOS Sierraでクラッシュしなくなりました。

[core]

  • AVR: ATtiny25/45/85のA/DコンバータのVrefで、内蔵の2.56V基準電源(外部にパスコンあり/なし)選べるようになりました。
  • String::toDouble()が追加されました。
  • avrdudeを、使っていないヒューズを無視するパッチ込みで6.3にアップデートしました。古いコアでもブートローダの書き込みはできます。

ARDUINO 1.7.11 - 2016.09.14

[ide]

  • 「Arduino17」というフォルダに設定を格納することにしました。

[libraries]

  • braccioライブラリを2.0.0にアップデートしました。
  • wireライブラリを修正しました。(周期が2倍になって元に戻りました)
  • eepromライブラリを2.0.0にアップデートしました。

[core]

  • SAMDのコンパイラフラグ -MMDがアップデートしました。
  • RTCライブラリがSAMDコアライブラリに移動しました。
  • RTCライブラリをアップデートして、alarmClearFlag関数が追加されました。
  • Server.hにPrint.hが含まれました。
Pocket