【AmbientでIoTをはじめよう】第二回 空気品質を測定し、記録する

【AmbientでIoTをはじめよう】第二回 空気品質を測定し、記録する を公開しました。

先月から始まった「AmbientでIoTをはじめよう」の第二回目です。第二回は「空気品質を測定し、記録する」という内容です。

第一回と同じくメインのハードウェアにはESPr Developerを使います。ESPr DeveloperやAmbientの使い方は第一回の記事を参照ください。

今回空気品質の測定に使うのはSparkFun社の"CCS811搭載 空気品質センサモジュール"です。また空気品質に合わせて温度湿度などの情報も取得するため、第一回で使用したBME280モジュールも一緒につかいます。

記事はこちらから

Pocket

About ysck

販売・マーケティング活動も担当しています。ラピッドプロトタイピングを勉強するためにGainerで電子工作をはじめて、Arduinoをさわっているうちにスイッチサイエンスに入社していました。