[速報] Kickstarterから同人ハードウェア向けの新サービス、Quickstarter!

高須です。メイカーフェアベイエリアで、Kickstarterの新サービスについて聞いてきました!
Qooboなど、日本のガジェットをいつもチェックしているJulioが語るには、
「今のKickstarterは大きくなり、プロジェクトの多くはプロフェッショナルなスタートアップの、フルタイムの人たちに向けたものになった。
それを補完して、ホビーでインディーなところから始まるプロジェクトのために、KickStarterはQuickstarterという新しいブランドを6月にリリースする。
スマホで撮った動画でかまわないし、審査も違う。この新しいブランドはKickstarterの一部で、カテゴリを分けて表示される。数千ドルや数万ドルといった小さいゴールを狙うものだ。」
「小さいゴールでも、QuickStarterをすることで、アイデアが予想を超えてグローバルに広がることがある。もともとKickstarterはそういうものだったし、ホビーのコミュニティベースの人たちのことはいつも考えている。」

JulioがQuickstarterのアイデアを思いついたのは、このメジャーが印刷されたテープのKickstarterプロジェクトを見たときだといいます。
https://www.kickstarter.com/projects/1822742096/quickstarter-1-tape-stickers?lang=ja
QuickStarterの名前もここから取られました。

今回のKickstarterブースは、まだQuickstarterブランドのリリース前でしたが、紙で作られたキットなど、デザインベースのシンプルで小規模なものが並んでいました。

スイッチサイエンスの委託販売の多くが、QuickStarterの対象になりえると思います。僕らもプロジェクトを立ててみるとか、日本の同人ハードウェア制作者のために広めていきたいと考えています。

Quickstarterの詳細、サイトでの見え方や規約などは6月リリースに向けてまだ検討中とのこと。ドキュメントをJulioからもらったら、Fabcrossなどのメディアでレポートするつもりです。
(高須)

Pocket

About tks

無駄に元気な、Makeイベント大好きおじさん。DIYイベントMaker Faireのアジア版に、世界でいちばん多く参加している。 日本と世界のMakerムーブメントをつなげることに関心があり、日本のDIYカルチャーを海外に伝える『ニコ技輸出プロジェクト』や『ニコ技深圳交流会』の発起人。MakerFaire 深圳(中国)、MakerFaire シンガポールなどの運営に携わる。 連載、著書「メイカーズのエコシステム」「世界ハッカースペースガイド」など: https://medium.com/@tks/takasu-profile-c50feee078ac