Maker Faire Shenzhenに行ってきました

mfsz2016_001

MakerFaireShenzhenに行ってきました。2016年のMakerFaireShenzhenは10月21~23日の3日間開催の予定でしたが、運悪く台風が上陸し、10月23~24日の2日間開催に変更となりました。

20日(木) ~台風がくる~
MakerFaireShenzhenは一部地下展示を除き、屋外展示です。そのためすでにテントが設営されていました。
mfsz2016_002

そして、まさかの台風接近。
mfsz2016_003
台風がくるのに前日設営できるわけもなく、この日は取引先の工場を訪問しました。

21日(金) ~台風がきた~
この日はお役所から深セン市内の会社に「スタッフにお仕事させちゃだめですよー」という指示がでていたようです。それでも一部の飲食店は店を開けていて、おかげでご飯は食べられました。そういえば、ホテルのルームサービスを頼むという選択肢もあったなぁ。

会場は、テントの屋根を下ろし、暴風対策でテントの幕はナイフで破かなければなりませんでした。設営スタッフは泣きたい気持ちだったと思います。
mfsz2016_004

22日(土) ~再設営~

朝。会場のテント設営している時間にオープニングトークイベントがありました。海上世界のすぐちかく、南海意库という、ちょっとオシャレタウンです。
mfsz2016_101
Seeedの代表 Eric Panのお話。

夕方。なんとかテントは設営されました。これぞ深センスピード!しかし、まだまだ散らかったままの会場。設営作業は夜まで続いていました。
mfsz2016_006

23日(日) ~本番1日目~

なんとか、土曜日一日だけで再設営を終え、参加者は日曜朝から展示準備を進めました。
mfsz2016_008

今回の会場となった海上世界は商業施設が密集し、夜には音楽とともに噴水ショーが行われるようなデートスポットです。土日には子供連れなファミリー層もあつまる...東京でいうお台場です。科学館ではありませんが、船もありますし。イベント会場としては食事処が沢山あって、きれいなトイレもあるので悪くはありません。そう、台風さえ来なければね。
mfsz2016_102

スイッチサイエンスのブース

東京のMakerFaireで発表したchibi:bit。深センでもBBC micro:bitは有名でした。発売についての情報はもうしばしお待ちください。
mfsz2016_201

深センには世界中様々なヒトが集まっています。ほとんどは中国語の通訳スタッフさんに説明してもらっていますが、英語が喋れる方とは直接コミュニケーションとっています。
mfsz2016_203

Rapiroさん。お子様に大人気です。「喋れるの?」「何か機能はあるの?」と聞かれます。あなた次第です。
mfsz2016_204

ブースサイズが不明だったので、とりあえずA2のポスターをもっていったのですが小さかったです。大きなchibi:bitのポスター、本当はモニターを埋め込む枠にする予定でした。
mfsz2016_205

日本で評判の良い大人のESPrシリーズをもっていきました。言葉も大事ですが、実物を見せるのが一番伝わりやすいです。
mfsz2016_206

Rapiroの中身の説明が面倒になって、1台あけて置いてみました。やはり、見せたほうが早い。
mfsz2016_207

モーションデモをしたまま顔を外していて...ちょっと不気味でした。
mfsz2016_208

取材に応じる代表の金本。
mfsz2016_209

取材を代表にまかせて休憩する小室。もちろんこの1フレームを除いて、全力で働いていました。
mfsz2016_210

他のブース

Seeedのブース。Seeedは電子部品の通信販売や自社開発だけでなく、PCBのサービスや、製品化サービスなどやっています。
mfsz2016_301

ロボコン的な。基本中国語で展開しているので何が起こっているのか理解できませんでした。
mfsz2016_302

国内のMakerFaireでも大人気な3Dプラネタリウム。深センでも列ができます。ドームのなかでは歓声があがり、めちゃ盛り上がってる様子です。言語の壁を超えて演出できるヒゲキタさんすごい。
mfsz2016_303
mfsz2016_304

遠隔でスイッチを押すハードウェア。こういう製品化に近い形の展示が沢山ありました。キックスターターやってます!とかそいうクオリティ。
mfsz2016_306

電子工作以外の展示もありました。
mfsz2016_308

塗り絵をしているようでした。
mfsz2016_309

こいつ、あの黒くて速いGみたいにワサワサうごきます。
mfsz2016_310

Mitch Altmanも居た。
mfsz2016_311

会場のいたるところに写真撮影スポットが。みんなが写真をとってシェアして盛り上がるってとても大事。
mfsz2016_404

DPZのデカ顔プロジェクトも出展。なんと入り口付近のメインストリートに!
mfsz2016_501

わかりやすくて、盛り上がって、言葉のいらないコンテンツっていいなぁ。(当社製品は説明がたくさん必要)
mfsz2016_505

他にもまだまだ、展示はたくさんあって、日本や韓国からの出展者もたくさんいました。とてもじゃないけど紹介しきれないです。すみません。

24日(月) ~本番2日目~

この日はもう帰国日。朝展示のセットアップだけ行って、現場は通訳さんにお願いして帰国の途につきます。
mfsz2016_801

というか、展示もだいぶ減っていました。
mfsz2016_802

感想
暑かった。10月末頃はもう暑くないから大丈夫!って誰が言ったんだろうか。たしかに通訳さんが言うには、台風が来る前はもうちょっとマシな気温だったそうな。テントの中は無風で、直射日光は避けられても蒸し風呂な状態、この気温で3日間屋外展示は体力的に無理だったのでは?と思います。

もうどこか屋内でやろうよ。それなら台風でも大丈夫。

Pocket

About ysck

販売・マーケティング活動も担当しています。ラピッドプロトタイピングを勉強するためにGainerで電子工作をはじめて、Arduinoをさわっているうちにスイッチサイエンスに入社していました。