【AmbientでIoTをはじめよう】M5Stackでセンサデータを測定し、クラウドに送る

【AmbientでIoTをはじめよう】 M5Stackでセンサデータを測定し、クラウドに送る  を公開しました。Arduino編MicroPython編があります。

2018年3月は、M5Stackでセンサデータを測定し、クラウドに送るという内容です。

M5Stackの紹介は過去の記事を参照ください。

M5Stackは第一回第二回で使用したESPr® Developerと同じEspressifのモジュールが搭載されています。

この記事では、Arduino編とMicroPython編それぞれ、M5Stackの開発準備から温度湿度・気圧センサのデータをAmbientに送信するまでの一連の手順を解説しています。

M5Stackでセンサデータを測定し、クラウドに送る (Arduino編)

M5Stackでセンサデータを測定し、クラウドに送る (MicroPython編)

Pocket

About ysck

販売・マーケティング活動も担当しています。ラピッドプロトタイピングを勉強するためにGainerで電子工作をはじめて、Arduinoをさわっているうちにスイッチサイエンスに入社していました。