スイッチサイエンス、自作キーボード始めるってよ

昨年あたりからキーボードを自作する人達や自作キーボードをSNSなどでよく見かけるようになってきました。自作キーボードとは、キーボードの部品を買いそろえて自分のオリジナルキーボードを作り上げるものです。「キーボードなんかパソコン買ったら付いてくるじゃん」と思われる方もいるかと思いますが、キーボードを長く使っていると既製品にはいろいろと不満が出てくるものです。例えば使わないキーがないもっとコンパクトなキーボードがほしいとか、肩がこるからもっと自分の体型に合ったキーボードがほしいとかの希望を実現するためにキーボードを作ってしまうというとわかってもらえるでしょうか。

自作キーボードの作成記録のブログを読んでいてすごいなと思ったのは、キーボードの基板をレーザーカットされたプレートやケースに入れて、ちゃんと使うところまで完了しているところです。電子工作をやっていると思った通りに動作すると納得してしまって基板むき出しで使い続けてしまったりするわけですが、ちゃんとケースに入れて実用しているのを見ると彼らもまた優れたメイカーなんだなと思います。
筆者も自分オリジナルのキーボードが作りたくなって、まず昨年末のコミックマーケットで同人誌を買いました。これが3冊ともすばらしい本で、これはよいということで3月に行った深圳にも持って行って、深圳のメイカーの人達にも見せてこんなのあるんだよと話してきました(まだ自分で作ってないのに)。

PiTopの人達と持って行った同人誌

部品屋さんでキースイッチも買いました。

成功失敗にかかわらずまずは経験値をためないと、ということでElecrowで基板を作って現地で受け取ってきました。

帰ってきてから間違ってることに気が付きました

いろいろ読んだり試したりしてみて、スイッチサイエンスとして自作キーボードそのものを作るよりは、作ろうとしている人のサポートができるといいだろうなと思いました。

自作キーボードでよく使われている、Pro microの互換ボードを現在試作中です。

  • 丈夫なMicro USB端子
  • 極力高さを抑える設計、部品選択
  • コストを抑えるための設計変更

を行っています。中国製の互換機の謎の安さには追いつけないと思いますが、なるべく低価格で提供できるようにいろいろ考えています。

また、キースイッチやキーキャップの販売も検討中です。あまり凝ったことはできないと思うので、まずは自作キーボードをこれから始めようとしいてる方のお手伝いができればいいかなと考えています。

実際に販売できるようになるまではまだしばらくかかると思いますが、楽しみに待っていてくださいね。

冒頭に紹介した同人誌は以下のサイトで購入できます(品切れてるかもしれません)。
KbD C93
BUILD YOUR OWN KEYBOARDs [compiled]
ねこでも作れる!オリジナルキーボード

Pocket