「M5Stack Japan Creativity Contest 2020」審査と賞品を発表、ハッカソンも注目!

投稿者:

こちらのプレスリリースにてお知らせしていた、「M5Stack Japan Creativity Contest 2020」締め切り(9/23)がいよいよ1週間先に迫ってまいりました。

今日は、M5Stack社と調整を進めていた審査と賞品をメインに、応募作品やハッカソンの紹介、その他のコンテストについてもお知らせいたします!

「M5Stack Japan Creativity Contest 2020」審査と賞品

M5Stack社も当社も皆さんのご応募を楽しみにしております。技術レベルは問いません、M5Stack製品を使って、ご自身のクリエイティビティを最大限発揮して、ぜひ作品を作って応募してくださいね!”クリエイティビティ”がジャッジのポイントですよ!

<「M5Stack Japan Creativity Contest 2020」 応募サイト>
https://info.switch-science.com/m5stack-creativity-contest

ギリギリまで「Maker Faire Tokyo 2020」協賛出展をとても心待ちにしてくれていたM5Stack社CEOのJimmyの来日に合わせ、コンテストを開催しようと始まったこの企画。
残念ながら、今年はCOVID-19の影響で出入国問題の見通しが立たず、M5Stack社のメンバーは来日見合わせとなったものの、そのぶん「Maker Faire Tokyo 2020」スイッチサイエンスブースで、M5Stack関連の盛り上げも予定していますからお楽しみに!詳細は、近々スイッチサイエンス チャンネルでお知らせいたしますね!

応募作品はこちらで

今回は、ProtoPediaの全面協力を得て、オンラインコンテスト形式で実施しています。
ということで、これまでの応募作品はこちらでご覧いただけます!

<ProtoPedia M5Stack_contest 特設サイト>
https://protopedia.net/taxonomy/term/2283

M5Stackハッカソン (9/19,20 オンライン)

ProtoPediaの運営は、毎年盛況のコンテストヒーローズリーグも手がける一般社団法人MAです。その繋がりで、M5Stack ハッカソンを開催する運びとなりました。当社も、M5Stack製品をお持ちでない方への割引クーポンの提供や、技術サポート協力で参加します。

当コンテストの締め切り前の土日、M5Stackの簡単なご紹介から始まり、参加者でアイデアの発散と続く、至れり尽くせりなハッカソンです。ちょっとM5Stack興味あるんだけど、触ったことないし、、と思っているそこのあなた。このハッカソンで、コンテストに滑り込み挑戦しちゃいましょう!

※M5Stack製品をお持ちでない方への割引クーポンを利用したい場合は、15日火 18:00までにハッカソン申込みが必要ですので注意してくださいね!

<M5Stackハッカソン応募サイト>
https://mashupawards.connpass.com/event/188452/

Help Slow the Spread of COVID-19

コンテストといえば!こちらは、10/15まで応募できます!以前のように世界のMaker Faireを転戦する日を目指して、感染症対策を考えてみませんか?