new product friday

Friday Product Post: CAN You CAN-CAN Like Offenbach?

投稿者:

こんにちは、牧井です。今週もSparkFunブログ記事「Friday Product Post(旧New Product Friday)」の日本語版をお届けします。

Friday Product Postは、米国現地時間の毎週金曜日に公開される、米国SparkFun社の新商品を紹介するブログ記事です。スイッチサイエンスでは、翌週火曜日のお昼12時に日本語に訳して公開しています。


Friday Product Post: CAN You CAN-CAN Like Offenbach?

AST-CAN485用のWi-Fiおよび24V I/Oシールドの登場、そのほかZio社の3種の新しいQwiicボード、GNSSのマルチバンドアンテナも紹介します。

BY XTOPHER

みなさんこんにちは!新製品紹介の時間がやってきました。今週はたくさんの新製品を紹介します。まずはSparkFun AST-CAN485 開発ボード用のシールド二製品(ワイヤレスシールドとI/Oポートシールド)を紹介し、次にZio社のQwiic対応ボード三種、最後にみなさんのご要望にお応えした製品のGNSSのマルチバンドアンテナを紹介します。

先日SparkFun Brand Ambassadorプログラムを開始しました。展示会やオンライン等でSparkFunのチームと一緒に製品のプロモーションに協力してくれる方を募集しています。興味がある方はBrand Ambassadorページで申し込み受付をおこなっていますのでご覧ください。

オッフェンバックの地獄のギャロップ(CAN-CAN)が聴こえてくるかのようです


SparkFun AST-CAN485 WiFi Shield


SparkFun AST-CAN485 WiFi Shield
WRL-14597
$16.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

SparkFun AST-CAN485 開発ボードは、CAN(Control Area Network)およびRS485を、小さなPro Miniフォームファクタに24 V入出力インターフェースと一緒に詰め込んだ製品です。通信用のケーブルを省くのがもっとも有効な省スペース化につながりますので、SparkFun AST-CAN485 WiFi Shieldはまさにこうした製品です。本製品はネジ式のRS0485ターミナルコネクタおよびU.FLコネクタ付きで、ワイヤレスオートメーションなどの応用に最適なソリューションとなり得ます。

※上記製品には電波を発する機能が搭載されていますが、日本で扱うために必要な工事設計認証(いわゆる技適)を取得していない可能性があります。したがって当製品を日本国内で扱う場合にはご注意ください。日本の法律により、技適マークが付いていない無線機器は、電波を外部に発する状態での使用が禁止されています。日本国内では、電波暗室など電波を適法に遮蔽できる場所以外で、技適マークが付いていない無線機器を使用することは違法となる可能性があります。


SparkFun AST-CAN485 I/O Shield (24V)


SparkFun AST-CAN485 I/O Shield (24V)
DEV-14598
$19.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

SparkFun AST-CAN485 I/O Shieldは、SparkFun AST-CAN485 開発ボードドを24 VDC入出力(産業用オートメーション機器で一般的な電圧レベル)と一緒に使えるようにしたものです。5 Vデバイスと同様のネジ式のコネクタがついており、簡単にI/O類を安全かつ半固定的に接続できて、入出力やボードの交換もできます。すべてのピンがピンソケットおよびネジ式のターミナルとなっていますので、取り付け作業は最小限で簡単に済みます。


SparkFun AST-CAN485 Dev Board


SparkFun AST-CAN485 Dev Board
DEV-14483
$44.95

※スイッチサイエンスでは既に取り扱いがあります。

SparkFun AST-CAN485 開発ボードが必要という方、本製品はまだ購入可能です。この開発ボードはミニチュアサイズのArduinoで、コンパクトなPro Miniフォームファクタです。小型Arduinoのすべての機能に加え、ボード上にCANおよびRS485ポートを備えていますので、簡単に多くの産業用デバイスとのインターフェースがとれます。本製品はメイカーと産業用デバイスの間の溝を埋めてくれる製品です。


Zio Ultrasonic Distance Sensor - HC-SR04 (Qwiic)


Zio Ultrasonic Distance Sensor - HC-SR04 (Qwiic)
SEN-15171
$13.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

従来のHC-SR04距離センサをよく知ってる方は多いかもしれません。2 cmから400 cmまでの非接触測距センサです。Zio Ultrasonic Distance Sensor - HC-SR04 (Qwiic)は、従来品にQwiicコネクタをプラスした製品で、I2C通信が可能です。QwiicコネクタやI2Cをバイパスしたいという場合も、TriggerおよびEchoピンがボード上に配線されています。


Zio Current and Voltage Sensor - INA219 (Qwiic)


Zio Current and Voltage Sensor - INA219 (Qwiic)
SEN-15176
$7.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

Zio Current and Voltage Sensorは高精度な電流・電力モニタセンサです。INA219を活用しDC電流や電力をI2C経由で読み取れます(誤差1%)。電池残量の確認や、ソーラー発電量のトラッキング、電力消費のモニタなど、さまざまな用途につかえます。


Zio Haptic Motor Controller - DRV2605L (Qwiic)


Zio Haptic Motor Controller - DRV2605L (Qwiic)
ROB-15181
$22.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

Haptic(触覚)フィードバックを作品にとりつけることで、プロフェッショナルレベルのインタラクションを付加することができます。Zio Haptic Motor Boardをつかえば、テキストメッセージを受信した際や新規アプリをインストールした際などにバイブレーションを発するようできます。ボード上にモーターおよびモータードライバが組み込まれており、Qwiicインターフェース付きなので、hapticフィードバックを組み込むのは簡単です。


GNSS Multi-Band Magnetic Mount Antenna - 5m (SMA)


GNSS Multi-Band Magnetic Mount Antenna - 5m (SMA)
GPS-15192
$64.95

※スイッチサイエンスではお取り寄せも承っております。

GNSS Multi-Band Magnetic Mount Antenna - 5m (SMA)の他のGNSS/GPSアンテナと比較してユニークな点は、L1 GPSバンドおよび新しい(2005年にスタートした)L2 GPSバンドの両方を受信可能なことです。またu-blox製のANN-MB-00はマウント穴付きかつベース部分が磁石になっており、さまざまな状況において取り付けが容易です。


今週は以上です。SparkFun Brand Ambassadorに興味がある方はリンクをたどり、申込書に記入してください。今週紹介した製品をつかってなにか面白いものができたら、@sparkfun宛てにツイートか、またはInstagramFacebook等でどんなものを作られたかをお知らせください。

来週もすばらしい新製品を紹介しますのでお楽しみに!


原文:Friday Product Post: CAN You CAN-CAN Like Offenbach?
※一部、原文に説明を追加している部分があります。また、文中にスイッチサイエンスのお取り寄せページへのリンクを追加しています。