「ISP1807搭載BLEマルチセンサーボード」の使い方(Arduino IDE編)

投稿者:

みなさんこんにちは、佐々木です。

今回は「ISP1807搭載BLEマルチセンサーボード」の使いかたをあらためてご紹介します。Arduino IDE編ということでArduino IDEを使ってサンプルスケッチを動かす手順を解説します。ISP1807搭載BLEマルチセンサーボードについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してください!

準備する

まずは写真のようにISP1807搭載BLEマルチセンサーボードとパソコンをマイクロUSBケーブルで接続してください。

Arduino IDEのインストール

次のURLからArduino IDEをダウンロードしインストールしてください。
https://www.arduino.cc/en/software

ボードサポートパッケージのインストール

Arduino IDEを起動しISP1807搭載BLEマルチセンサーボードのボードサポートパッケージ(スケッチのビルドに必要なツールが一式入っています)をインストールします。

Arduino IDEのメニューからファイル > 環境設定を選び追加のボードマネージャのURLに次のURLを入力してください。

https://www.adafruit.com/package_adafruit_index.json
https://raw.githubusercontent.com/SWITCHSCIENCE/Arduino_Board_Package/master/package_Switch_Science_index.json

Arduino IDEのメニューからツール > ボード > ボードマネージャを選び、次のボードをインストールしてください。インストールには少し時間がかかります。

Adafruit nRF52
Switch Science nRF52 Boards

サンプルスケッチを書き込む

ボタンを押すとLEDが光るスケッチを書き込んでみましょう。商品ページからサンプルスケッチ(Arduino)をダウンロードしてButtonLED.inoを開くか、下記のスケッチを新しいスケッチに張り付けてください。

const int ledPin1 =  4;
const int ledPin2 =  7;
const int buttonPin1 = 31;
const int buttonPin2 = 12;

void setup() {
  pinMode(ledPin1, OUTPUT);
  pinMode(ledPin2, OUTPUT);
  pinMode(buttonPin1, INPUT);
  pinMode(buttonPin2, INPUT);
}

int buttonState;

void loop() {
  buttonState = digitalRead(buttonPin1);
  if (buttonState == LOW) {
    // turn LED on:
    digitalWrite(ledPin1, LOW);
  } else {
    // turn LED off:
    digitalWrite(ledPin1, HIGH);
  }
  buttonState = digitalRead(buttonPin2);
  if (buttonState == LOW) {
    // turn LED on:
    digitalWrite(ledPin2, LOW);
  } else {
    // turn LED off:
    digitalWrite(ledPin2, HIGH);
  }
}

Arduino IDEのメニューからボードの種類・シリアルポートを選んでマイコンボードに書き込むボタンを押してください。

ツール > ボード > Switch Science nRF52 Boards > Switch Science BLE-SS dev board Multi Sensor
ツール > シリアルポート > COMxx または /dev/cu.xxxx

ボードへの書き込みが完了しました。というメッセージが表示されたら書き込み完了です。ボタン1(S1)またボタン2(S2)を押してLEDが点灯するか確認してみてください。

トラブルシューティング

うまく書き込めない場合、ISP1807搭載BLEマルチセンサーボードをブートローダーモードで起動してから書き込みを行ってください。S2ボタンを押しながらISP1807搭載BLEマルチセンサーボードをパソコンに接続するとブートローダーモードで起動します。

その他のスケッチ

商品ページのサンプルスケッチ(Arduino)には、ButtonLED.ino以外にも次のスケッチが含まれています。試してみてください。

  • 9axis_Sensor(加速度・ジャイロ・磁力をシリアルモニタに出力するスケッチ)
  • Digital_Humidity_Sensor(湿度と温度をシリアルモニタに出力するスケッチ)
  • LowCurrentMode(省電力制御を行うスケッチ)
  • Pressure_Sensor(気圧と温度をシリアルモニタに出力するスケッチ)
  • Star_Wars_on_a_Buzzer(ベイダー興のテーマを奏でるスケッチ)

次回CircuitPython編をご紹介いたします。